隣家で車両火災、大事に至らずよかった! - 那須塩原市 黒磯 整体

整体院 こころ

日記・ブログ

隣家で車両火災、大事に至らずよかった!

Dscf2440

(整体院こころの玄関の前、道路を挟んだ向かいの民家。
一階は元事務所、二階が住居)

4月17日の午後3時少し前のこと。
何気なく外に出た私は、
向かいの建物の東路地側の壁付近から、白い煙が出ていることに気づく。
「一階事務所の煙突からでもなさそうだし、なんだろう?」
焚火?それとも魚でも焼き焦がしたのか?といぶかっているうち、
風向きの加減で建物西側のビジネスホテルとの境からも
かなりの量の白煙が。

二階の住人の女性が、外階段から降りてきたので、
「どうしたの?」
「わかんない。窓の外に煙が見えたから・・・」
やはり火事か?と思い、
西の路地を建物に沿って行ってみる。
建物付属のガレージに、後部を路地側にして止めてある車の前方から煙が。
露地にしゃがんで車の下をのぞくと・・・
エンジンルーム下付近の地面から、赤い炎が見えるではないか!

「車が燃えてる! 119番するよ!!」
最初に煙に気付いてから、すでに2分くらい経っていたと思う。
火災の内容を伝えている会話中にも、
「今、消防車が向かっています。気をつけて!」と、
さすがに素早いプロの対応。

ガソリンに引火したら大変と、
女性をウチの敷地に避難させている間にも、
白煙は黒煙混じりとなり建物全体が煙に包まれ、
道路を超えて、うちの玄関にまで。
時折、パンという破裂音が何度か。
消防車到着までの5~6分が、何と長く感じたことか。

その間何度か、写真を撮影・・・とも思ったが、
隣で震えている住人女性の心情を思うと、
とてもその気にはなれませんでした。

3時過ぎからは私自身が施術を受けるための予約時間。
警察と消防からそれぞれ事情聴取。
私は横になって施術を受けながらの対応。
その後調書へのサイン等、対応に追われましたが、

私がお客様を施術する時間帯でなくてよかった~。

Dscf2439

(翌日、うちの敷地から。両運搬用の青いトラックのわきが現場)

翌日、消防や車両保険の関係者等が再び現場へ。
私も改めて現場を見てみました。
両前輪のゴムは完全に溶け落ち、ホイールのみになっていて、
ボンネットの中は真っ黒こげ。
フロントガラスも砕け散り、ダッシュボードや運転席もどろどろに。

たった数分で、こんなにも燃えてしまうものか!と驚いたが、
もっと驚いたのは、何と
車の前部(燃えた部分)から2メートルくらい横の住宅の壁際に、
大きなプロパンガスのボンベが2本設置されていたこと。

改めて住人と顔を見合わせ、思わず
「大事に至らず、良かったねえcoldsweats01

この記事を共有する

腰痛、肩・首・頭痛を解消したい方へ

那須塩原市,黒磯駅の整体

朝8時から、夜間も受付 土日・祝日も営業 黒磯駅より徒歩10分 初回施術特典あり 駐車場あり

【初回限定】肩こり・頭痛・腰痛を今すぐ解消したい方へ

バランス活性療法 通常7,500円→6,500円(税込)

【全員】通われる方はとってもお得な回数券

ご本人様以外でも利用できる11回数券 35,000円(税込)